読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしの日記だよ

ー生きる厳しさと哀しさを鮮烈に謳うー

Xcodeのグループと、実際のディレクトリ構成を合わせるツール Synx

iOS Xcode

以前、一度だけiOSのプロジェクトに入ったことがあるのですが

Xcode上でせっせとグループ分けをしたのに、実際のファイルはプロジェクト名のディレクトリ直下に

ばーっと入っていて、とてもびっくりしました。

 

それ以来、個人でアプリを作るときは、グループ作ったらディレクトリも作って・・・と

気をつけていたものの、気を抜くと忘れちゃう。

 

Synxはコマンドひとつで、Xcodeプロジェクト上のグループに実際のディレクトリ構成を

合わせてくれる便利ツールです。

 

1.インストール

ターミナルから

$ gem install synx

おわりー!!

 

2.使い方

使い方もとっても簡単です。

$ synx [プロジェクトファイルのパス(XX/XXX/XXX.xcodeproj)]

※cocoapodsを使用している場合は、上記コマンドの後に

$ pod install

したほうが良いようです。

(私の環境では、しなくても大丈夫でした)

 

もし、pod install してもうまく動かなくなってしまった場合は、一度pod関係を削除してからsynxするのが良いようです。

参考:cocoapods使用環境でsynxすると動かなくなる - Qiita

 

3.オプション

オプション役割
--prune, -pXcodeプロジェクトから参照されていないソースファイルと画像ファイルを削除
--no-colorログ出力をカラーにしない(指定しないと色分けして出力されます)
--no-default-exclusionsデフォルトの除外(/Libraries、/Frameworks、/Products)を使用しない
--quiet, -qログを出力しない
--exclusion, -e対象外のディレクトリを指定する

 -p、-eあたりはよく使いそうです。